メニュー 閉じる

敷地の半分がエクステリア部分になっている

私が住んでいる家の知識の半分は岡崎の住宅展示場のモデルハウスのような外構部分になっています。
基本的にオープン外構なので、どこからも丸見えなのですが、周りの建物が高いので、家の正面以外、千葉でテラス工事をした裏側は見えにくくなっていると思います。

玄関の入口は庭になっていて、樹木や季節の花などが植えてあります。
基本的に地生えですが、プランターや鉢などもあり、特にこれからの季節はかなり華やかになっていきます。

家の後ろは庭の部分と畑が共存しています。
花と野菜の両方を栽培しているので、敷地は広くなっています。

家の窓から裏を眺めると、季節の花や野菜の様子を見ることができます。
自宅の裏側にあるので、正面からはまったく見えません。

なので、家の構造を知らない人がやってくると、裏に畑があるのに驚く場合もあります。
家の周りは建造物ばかりなので、緑が少ないのですが、家の裏の畑や庭で自然を感じる生活ができています。

特に今年は裏の建物のネオンサインが無くなったので、夜の星空や月を眺めることができるようになりました。
以前も見えていたのですが、やはり明るかったので、今の方が暗くて夜空もキレイに見えます。

敷地を利用して、キャンプとかやってみたいと思いますが、まだその勇気が無いのでできていません。
できれば焚火をしたいのですが、法律で禁止されているので、できないのが残念です。
今は焚火の動画を観ることで、その雰囲気を味わっています。

今はキャンプ場など決められた場所でないと、なかなか火を炊くことはできません。
私が子供の頃は庭でゴミを燃やしたりしていましたが、今はそれが禁止されています。

以前は自宅の庭で花火も楽しんでいました。
今は自宅で火を付けるのはロウソクくらいです。

ロウソクなど自然の明かりを見ていると癒されます。
なので、自宅の庭など、エクステリア部分で火を眺めることが出来たらと思ってしまいます。

火の問題を除けば、エクステリア部分もけっこう快適な空間だと思っています。
時々、家の裏の畑や、庭にある木や花を見ながらボーっとしています。
今の時期は野鳥もやってくるので、特に楽しいです。

PR|マッサージのリアル口コミ.com住宅リフォーム総合情報英語上達の秘訣ダイエットチャレンジエステサロンを上手に利用する情報サイト健康に役立つ口コミ情報AGAお悩み相談.com女性のための薄毛治療研究会美容と健康女性ランキング会社経営に必要な知恵袋注文住宅のための用語集