メニュー 閉じる

大切なバイクを保管するならガレージがおすすめです

バイク好きな方々は複数のものを保有している人たちが多い傾向となっていて、バイク倉庫また専用のガレージを使い大切に保管していたりします。

ガレージはもともと作られているものを設置してバイクを保管するパターンと自らバイクガレージをDIYしたりして、オリジナルの隠れ家を作る人もいたりします。

ホームセンターなどで多くの材木などを買いつつ、ガレージづくりに必要なものなどを多く集め、オリジナルのガレージを作るバイク乗りの人たちもいたりします。

専門業者とかからガレージとかを買う場合は話し合いはしっかりと行いつつ、横や縦の長さとか窓の数やドアの数とかも確認しながら、風通しが良いものとかを見つけ、安心していられるガレージを購入したほうが安全性も多くあります。

カスタマイズとかにこだわる方とかもいたりするかと思うので、色々と模様替えとかにも適したガレージを見つけ、それを購入するのが良いです。

すでにつくられているガレージにはドアタイプのものとシャッタータイプのものとかがあるため、こちらは好みによりますが、設置できるスペースに余裕があるならシャッタータイプのほうがおすすめです。

ガレージがあるだけで大切なバイクを複数台だけど保管することができつつ、ガレージ内にバイク専門のスペースを作ることができたり、メンテナンスや修理・修復などに必要な道具を収納できるようになるため、自分だけのオリジナルの空間を作ることができます。

広めのスペースを確保できているなら、机や椅子とかを用意したり、ガレージ内にテレビとかパソコンとかを設置して、自分だけの落ち着く空間を作ることもできます。冷暖房のものとかも入れたり、小型の冷蔵庫とかも入れれば、ちょっとした家としても機能します。

仲間を呼んで、互いのバイクを見せ合いながら、談話をしたり、夏場とか冬場とかにはBBQとか飲み会とかをするのにもガレージがあるだけで全然違うため、バイク乗りにとってガレージは必需品となっています。