メニュー 閉じる

クリスマスデコレーションのある家

門まわりやアプローチを飾る季節というと、やはりクリスマスを思い出します。
私の近所でも何軒かはクリスマスデコレーションをやっています。

街で有名なクリスマスイルミネーションとは少し違った雰囲気ですが、それがまた一般家庭といった感じで良いです。
中には家はかなり古いのですが、毎年クリスマスの飾り付けを行っています。

オシャレな印象とは少し違いますが、可愛らしさが溢れていて、どこか昭和的な懐かしさのある飾りつけです。
今はLED電飾を使って、キラキラしたイメージが多いクリスマスデコレーションですが、その家は光だけではなく、可愛いマスコットなどがたくさん置いてあります。

クリスマスデコレーションもその家の人の好みが現れると思います。
電飾までは行かなくても、玄関にクリスマスリースだけ飾っている家はけっこうあるようです。
それだけでも十分クリスマスの雰囲気を感じることができます。

ある家はイベントごとに、玄関にさまざまな飾り付けをしているところもあります。
来訪者や通りが借りの人の目を楽しませてくれますし、何よりもその家に住んでいる人が一番楽しいでしょう。

クリスマス以外ではお正月の飾り付けがあります。
私の家でも毎年、年末になると、玄関に松の木を飾っています。

それを飾るとお正月がやってくるのだと感じることができます。
雪が多い地域なので、屋根のある場所でないと、飾り付けが出来ない不便さもあります。
なので、玄関までのアプローチは雪で埋まってしまいます。

クリスマスイルミネーションは玄関周りだけの家もありますが、家の正面全体を飾っている家もあり、かなり豪華です。
地元では町内のほとんどがクリスマスイルミネーションを行っているところもあります。

その通りを歩くと、とてもオシャレでクリスマスの雰囲気を味わうことが出来ます。
強制的にそうなったわけではないようですが、通りのほとんどの家がやっているので、やらないわけにはいかなくなっているようです。

特にイベントが無い時期でも、いつも門まわりやアプローチが素敵な家もあります。
今日もそういう家を見つけて、思わず見入ってしまいそうになりました。
ぜひ自分の家にも取り入れてみたいと思いました。