メニュー 閉じる

ウッドデッキにスロープを設置して下さい

これからウッドデッキを設置する場合もリフォームする場合も、庭への出入り口を階段ではなくスロープにしてみてはどうでしょうか?階段は若いうちは問題ありませんが、ある程度年を取ってくると躓きの原因になります。ただ躓くだけなら問題ありませんが、それが大怪我へとつながる可能性もありますので、その原因となる階段をスロープに変える事をおすすめします。

階段を無くしてスロープにするのは人間だけではなく、愛犬などにも役に立ってくれます。犬も人間同様若いうちは階段を難なく昇り降り出来ますが、ある程度年を取ってくるとちょっとした階段が大きな障害となります。犬種によって胴が長いので階段だと腰に負担を掛けてしまう事もあります。その為、愛犬の腰などに負担を掛ける前にウッドデッキに早めにスロープを付ける事をおすすめします。

スロープは色々なタイプがあり、角度や幅などが指定出来る場合も多いです。ですので、業者に相談しながらベストな角度、幅のスロープを取り付けて下さい。庭にある程度の広さがあればスロープの角度を浅くする事も可能になりますので、そのようなスロープにする事で車椅子や歩行器などを使っている場合でも一人で庭への出入りが出来るようになります。自分一人で誰の手も借りずに庭への出入りが出来るというのは車椅子や歩行器を使っている本人には案外大切な事ですので、スペースが確保出来るようでしたらそのようなスロープを付ける事を検討してみて下さい。

新しくウッドデッキを設置する場合もリフォームの場合も、スロープを設置する際は同時にウッドデッキとリビングの段差も無くすようにして下さい。スロープがある事で簡単に庭に車椅子や歩行器で出入り出来るようになっていたとしても、リビングからウッドデッキへの出入りが一人で出来ないようではどうしようもありません。そこも車椅子や歩行器で簡単に一人で出入り出来るようにバリアフリーにする事で、初めてウッドデッキに付けられたスロープが役立ちます。